バタフライの体の使い方

バタフライ

バタフライの習得のために最初に行う練習として「イルカ飛び」というのを行ってもらうことが多いです。ストリームラインを立ったままの姿勢で作りそのまま指先からジャンプをしながら水中に入っていきます。この時にドルフィンキックを打つことで深く潜る事ができます。
そのあと、多くの方が水面に上がるために頭を上げて前を見ています。実際そうすることで体は水面に上がってきますが抵抗を多く受けている姿勢になっています。
最初にストリームラインの姿勢で入水しています。その姿勢のまま浮き上がってくるためには、水面で体を真っすぐにキープします。そのまま手を水面方向に向けることによって体がちゃんと浮き上がってきます。
バタフライは体のうねりで泳いでいるように思いますが、このイルカ飛びで体の姿勢の感覚をしっかり感じてどちらに推進力がかかっているのか体に覚えこませると一層泳ぎやすくなります。

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。 園児・小学生・中学生は個別レッスンのみですが、成人は団体レッスンもお受けしております。マスターズ選手や、トライアスロンチーム等の団体レッスンをお受けすることが多いです。

関連記事

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。

TOP