基本姿勢【フラットスイム】

泳ぎの基本動作

ストリームラインを綺麗に作る事ができたらその姿勢で少しでも抵抗なく進むかが重要になります。
ここ最近よく言われているのが「フラットスイム」です。水面に対して体を平行にしその状態で進んでいくことです。この姿勢をずっと維持するためには体に力を入れてもうまくいきません。
まず肺に空気は入り浮き輪代わりになるので上半身が自然と浮いてきます。頭は前を向いてしまうと足が沈んでしまうので真下を見ます。そして下半身を水面に上げてくるためにお腹に力を入れましょう。腹筋に力を入れてお腹を固くする感じです。
この状態が「フラット」な姿勢です。この姿勢の崩さないように4泳法とも泳げるように意識していくと抵抗のないフォームを身に着ける事ができますよ。

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。 園児・小学生・中学生は個別レッスンのみですが、成人は団体レッスンもお受けしております。マスターズ選手や、トライアスロンチーム等の団体レッスンをお受けすることが多いです。

関連記事

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。

TOP