形状抵抗について

泳ぎの基本動作

まず最初にかかる抵抗として泳いでいく中で体の姿勢によっておこる抵抗です。
壁を蹴った時ストリームラインをとります。この姿勢を維持したまま泳げれば一番いいのですが手を動かしたりキックをしたりすることで抵抗が生まれてきます。
例を挙げると、呼吸をする時に顔を少しだけ横に向けて呼吸ができれば身体の傾きはありませんが、頭から大きく動かして呼吸をすると姿勢が崩れてしまいます。
またキックの時に足を大きく動かしすぎるたり膝を曲げすぎてしまうと太ももや膝に水が当たり抵抗になってしまいます。
こういった抵抗を少しでも減らして前へ進む推進力を上げる泳ぎができれば今より速く楽に泳いでいけるようになります。

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。 園児・小学生・中学生は個別レッスンのみですが、成人は団体レッスンもお受けしております。マスターズ選手や、トライアスロンチーム等の団体レッスンをお受けすることが多いです。

関連記事

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。

TOP