手の平で水を感じる(スカーリング)

泳ぎの基本動作

水泳のドリル練習でスカーリングというものがあります。これは手の平で水をとらえる動作になります。やり方としては、ストリームラインでリラックスして浮かび、手を肩幅くらいに平げます。その状態から手のひらを外側に内側にと水をしっかりとらえて動かしていきます。ただ手のひらを動かしているだけではなかなか進まないのであれ?と感じる方もいるかもしれません。
手の平を先行させて動かします。肘から先行してしまっている人はハイエルボーが取れていないことになります。腕を真っすぐに伸ばした状態でする方法や肘を立てた状態で行う方法もあります。
ストリームラインの姿勢で上手くいかない人は立った状態でもいいので手の平で水を感じる事を練習してみてください。プールでなくてもお風呂でもできます。この感覚をつかめる事でどの泳法でもしっかり手のひらで水をかくということができるようになってきます。

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。 園児・小学生・中学生は個別レッスンのみですが、成人は団体レッスンもお受けしております。マスターズ選手や、トライアスロンチーム等の団体レッスンをお受けすることが多いです。

関連記事

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。

TOP