摩擦抵抗について

泳ぎの基本動作

身体と水が触れる事で起こる抵抗です。これにより泳いでいる身体に沿って水が引っ張られ、身体の表面に逆流が生まれます。
この抵抗に関しても体を水平に保つ事で後方へ引っ張られる摩擦が減ります。
摩擦を減らす事でスピードアップにつながる泳ぎができます。
流線形といい周りを流れる水が途中で乱れる事なく滑らかに過ぎていく形があります。この形のイメージで重要な事は先端がだんだんと細くなって尖っている事です。まさしくストリームラインの形といえます。
様々な抵抗を少しでも減らすために常にストリームラインを意識して泳ぐことはとても大事なことです

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。 園児・小学生・中学生は個別レッスンのみですが、成人は団体レッスンもお受けしております。マスターズ選手や、トライアスロンチーム等の団体レッスンをお受けすることが多いです。

関連記事

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。

TOP