背泳ぎの手の戻し方(リカバリー)

背泳ぎ

フィニッシュまで手をかききったら手を水面に出して次のキャッチに向けて手を戻します。この時にゆっくりゆっくり手を回すと手を上げる事で重心が上がってしまい、体が沈みやすくなります。力を込めて急ぐ必要はありませんが、できるだけ早いスピードでリラックスして手を戻すことが理想的です。
昔は手を水面に出すときは親指から 手を入水させる時は小指から と指導していた事もありましたがそうするとその時の指ばかりが気になりリカバリーの時間が長くなる方がたくさんいました。
重要なのは水をかくことなので、手は出しやすいように出して入水しやすい方法で入水させてください。

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。 園児・小学生・中学生は個別レッスンのみですが、成人は団体レッスンもお受けしております。マスターズ選手や、トライアスロンチーム等の団体レッスンをお受けすることが多いです。

関連記事

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。

TOP