自由形(クロール)のキック (1)

自由形・クロール

自由形のキック、バタ足ですが足の甲で水を叩く事ばかり意識が行ってしまいがちですが、「アップキック」「ダウンキック」の2つの動作が必要です。
打ち下ろす際のキックが「ダウンキック」それに加えてふくらはぎの筋肉を使って「アップキック」で足を上げる事も意識して行ってみてください。
自由形の時は「アップキック」を意識して行うことにより腰が沈まずフラットな姿勢で泳げるようになってきます。

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。 園児・小学生・中学生は個別レッスンのみですが、成人は団体レッスンもお受けしております。マスターズ選手や、トライアスロンチーム等の団体レッスンをお受けすることが多いです。

関連記事

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。

TOP