造波抵抗について

泳ぎの基本動作

この抵抗は水中を泳ぐ時に自分自身が作る波によっておこる抵抗です。
水の上を滑るように泳げたなら、この抵抗はほぼ起こりませんが、どうしても波しぶきが立ってしまいます。少しでも減らすにはどうすればいいか。。。
クロールであれば手を回してきてバシャと水面を叩いて入水するのではなく少し優しく入水させてみるだけでも波を大きさが小さくなると思います。
背泳ぎ・バタフライも同じように少しでも入水の時に波を減らしてみる。
入水した時に泡が立ってしまうとその泡をかいても推進力が減ってしまいます。どれだけ水をかけるか大事になってきます。
ゆったりとした泳ぎで入水を少し意識して一度泳いでみてください。

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。 園児・小学生・中学生は個別レッスンのみですが、成人は団体レッスンもお受けしております。マスターズ選手や、トライアスロンチーム等の団体レッスンをお受けすることが多いです。

関連記事

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。

TOP