平泳ぎの「ひとかき・ひとけり」について

平泳ぎ

平泳ぎのスタート・ターン後は他の泳法とは違う動作を行います。これが「ひとかき。ひとけり」です。
ひとかきひとけりの順番ですが、手と足を同時に動かしている人が多くいます。最新の研究では、まずドルフィンキックを打ち、そのあとに手を掻くほうが、水面に浮きあがった時のスピードが速くなり、最初の一かき目で速度・波に乗ることができます。
①ドルフィンキック 
②ひとかき 手のひらでしっかり水を後方までかききる
③ひとけり 後方までかいた手を抵抗を少なく前に戻しながらキック
の順で行ってみてください。

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。 園児・小学生・中学生は個別レッスンのみですが、成人は団体レッスンもお受けしております。マスターズ選手や、トライアスロンチーム等の団体レッスンをお受けすることが多いです。

関連記事

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。

レッスン メニュー

TOP