平泳ぎの最大のスピードポイント

平泳ぎ

最近のトップスイマーの泳ぎを見ているとピッチの速い選手もいます。どれだけピッチが速くても水中動画で見てみるとキックの後、きれいなストリームラインがとられています。これこそ最大のスピードポイントです。
水中で頭が上がってしまうと抵抗になり、腰が沈みやすくなります。
理想の水中姿勢は耳を両腕で挟むように頭を中に入れ、ストリームラインでキックの推進力を感じてみてください。しんどくなってきたときほどこの姿勢を崩さず泳げることでタイムアップにつながっていきます。

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。 園児・小学生・中学生は個別レッスンのみですが、成人は団体レッスンもお受けしております。マスターズ選手や、トライアスロンチーム等の団体レッスンをお受けすることが多いです。

関連記事

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。

レッスン メニュー

TOP