キックの足の引きつけ動作の注意点

平泳ぎ

平泳ぎで一番抵抗になっているのがキックの時の足の引き付け動作です。初めて平泳ぎのキックを練習すると足を前に引いてしまいお腹の前に膝が来てしまう方が多いです。膝がお腹の前に来てしまうと、引いてきている太もも前面に大きな抵抗を受けてしまいます。
基本はストリームラインです。この姿勢よりお腹側にできるだけ膝を引かないようにしましょう。そのためには膝や股関節、足首の柔軟性が重要になります。
自分の膝がどのように引いているのかを確認する方法としては、背面浮きで手を気を付けにします。その状態で平泳ぎのキックをしてみてください。水面に膝が出ている人はお腹まで膝を引き付けてしまっている人です。そのままキックをしてみてもうまく蹴れないと思います。
膝をできるだけ寝かせるように引き付け、気を付けをしている手に足首が当たるように引いてくるのが理想的なキックの形です。そのまま水の中をゆっくりしっかり蹴る事ができるように練習してみてください。

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。 園児・小学生・中学生は個別レッスンのみですが、成人は団体レッスンもお受けしております。マスターズ選手や、トライアスロンチーム等の団体レッスンをお受けすることが多いです。

関連記事

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。

レッスン メニュー

TOP