クロールのフィニッシュ動作

自由形・クロール

クロールの手のかきとキックの比重は8対2ぐらいだと言われています。キックよりストロークの推進力で進む泳ぎになります。その中で一番加速するがフィニッシュ動作です。
手を一定のスピードで水中で動かしていてもなかなか進みません。
入水した時にしっかり手の平で水をキャッチし、肘を立てながらその水を逃がさないように肘から下全体の腕を使って使って後ろに運んでいきます。そこからフィニッシュ動作に入りますが、肘を立てる事ばかり意識すると体に外に開いたフィニッシュになってしまいます。
フィニッシュ動作で意識するのは最後に脇を締めて肘を固定した状態で水を後ろにかききります。
一度試してみてください。

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。 園児・小学生・中学生は個別レッスンのみですが、成人は団体レッスンもお受けしております。マスターズ選手や、トライアスロンチーム等の団体レッスンをお受けすることが多いです。

関連記事

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。

レッスン メニュー

TOP