泳ぐことでかかる抵抗について

泳ぎの基本動作

水泳の場合、いかに抵抗の少ない泳ぎをするかで速さや楽さが変わってくると思います。ただ水を触っているだけでもしっかり水がかけるようになると水がすごく重いと感じてきます。
私も勉強していく中で3つの抵抗がある事が分かりました。
①形状抵抗
②造波抵抗
③摩擦抵抗
これらの抵抗を少しでも減らす事で今よりももっといい泳ぎができると思います。
抵抗についてそれぞれ考えていきたいと思います。

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。 園児・小学生・中学生は個別レッスンのみですが、成人は団体レッスンもお受けしております。マスターズ選手や、トライアスロンチーム等の団体レッスンをお受けすることが多いです。

関連記事

おおかわ あい

おおかわ あい

水泳選手引退後(ジュニアオリンピック入賞経験あり)、20年間水泳指導に携わってきました。自身の経験を活かすため2015年より「まあむ水泳教室」を開きました。水泳の個人レッスン・団体レッスンの依頼や、水泳に関する各種相談を承っております。

レッスン メニュー

TOP