平泳ぎの「ひとかき・ひとけり」について

平泳ぎのスタート・ターン後は他の泳法とは違う動作を行います。これが「ひとかき。ひとけり」です。
ひとかきひとけりの順番ですが、手と足を同時に動かしている人が多くいます。最新の研究では、まずドルフィンキックを打ち、そのあとに手を掻くほうが、水面に浮きあがった時のスピードが速くなり、最初の一かき目で速度・波に乗ることができます。
①ドルフィンキック 
②ひとかき 手のひらでしっかり水を後方までかききる
③ひとけり 後方までかいた手を抵抗を少なく前に戻しながらキック
の順で行ってみてください。

おすすめの記事