自由形(クロール)のキック (1)

自由形のキック、バタ足ですが足の甲で水を叩く事ばかり意識が行ってしまいがちですが、「アップキック」「ダウンキック」の2つの動作が必要です。
打ち下ろす際のキックが「ダウンキック」それに加えてふくらはぎの筋肉を使って「アップキック」で足を上げる事も意識して行ってみてください。
自由形の時は「アップキック」を意識して行うことにより腰が沈まずフラットな姿勢で泳げるようになってきます。

おすすめの記事