クロールの息継ぎ(1)

速い人が泳いでいるのを見ると楽に息継ぎしているなーと感じる事がありますか?自分とは何が違うのかな?と考える事も水泳が上手になる近道です。
多いのが、息継ぎの時に頭を上げすぎてしまい腰から足の下半身が沈んでしまう人。下半身が沈んでしまうと息継ぎが終わった後、元の基本姿勢(ストリームライン)に戻すのが大変です。
基本姿勢(ストリームライン)により近い姿勢で息継ぎをする事が一番抵抗を受けずにすみます。
私自身息継ぎの際頭が上がりすぎてしまいものすごく抵抗を受けているので、息継ぎをしていないときと進むスピードが全く違っています。少しでも抵抗をすくなくするために、息継ぎをしない方の腕をまっすぐに伸ばし枕にして頭を乗せ横を向きます。この時顎を引いて斜め後ろを向くように意識してみてください。頭を上げなくてもちゃんと息が吸えます。息継ぎの後、元の姿勢に戻すのも楽にできます。
まずは腕から耳を離さずに横を向いて呼吸することを水中で立ったままで練習してみましょう。

おすすめの記事