自由形(クロール)のキック(3)

腰かけキックを練習したら、太ももが動いているのがよく分かると思います。
太ももを動かすことでムチのようなしなるキックが打てるようになります。
キックは腰→太もも→膝→足首と連動していきます。
太ももの次の膝ですが、膝は曲げてはいけません。膝が曲がってしまうと腰が沈んでしまい推進力が下に向けられてしまいます。膝は曲げるのではなく足全体を動かすことで自然と曲がってしまうというくらいが理想的なキックです。

おすすめの記事