バタフライのストローク(手のかき)

クロールのストロークと同様にS字ストローク・I字ストロークと見解はありますが、とにかく最初は水をしっかり後ろにかききる事を意識してみましょう。
バタフライのリカバリーはどうしても外回しになってしまいます。そのためストロークまで外側をかいてしまってはもったいないです。第1キックと同時に手を入水させたら手の平でしっかり水を抑え、そこから肘を立てて体の中心を通るように水を後ろに送っていきます。プールサイドに手をついてそのまま上に上がるときの手を動きがまさにこの動作です。 立てた肘に体をのせていくように体重移動をしていきましょう。
リカバリーが楽にできるようにやはり肩・肩甲骨の柔軟性は重要になってきます。

おすすめの記事