自由形(クロール)のリカバリー

水をかいた腕をぐるりと水上で回して次のストロークに移ります。水面に出した腕を次に入水させるまでの動作をリカバリーといいます。ただ肩をぐるぐる回しているように見えますが、がむしゃらに肩だけで回していると本当に肩が疲れてきます。
私も以前はオープンウォータースイムで海で長距離のレースに出る事がありました。ウエットスーツを着て泳ぐ時もありましたが、必死に腕をかくことばかりを意識して泳ぐと後半は肩が疲れて腕が回らなくなりました。
速く泳ぐためにも綺麗な疲れないフォームを維持することが必要になってきます。
リカバリーの時は肩だけで回すのではなく、肩甲骨を動かして腕を引き上げます。そうすれば自然に腕が回ってきます。水中ではなかなか意識できないかもしれないので、陸上で肩甲骨を意識して腕を引き上げるという感覚を感じてみてください。

おすすめの記事