自由形(クロール)のストロークの強弱

自由形のストロークですが、入水→キャッチ→ストローク→ハイエルボー→フィニッシュ ここまでの動作をずっと力を入れっぱなしでは腕が疲れてしまいます。トップスイマーになると毎日ものすごい練習量と筋トレ等でそれぞれの距離にあったパワーが備わってきますが、水泳をしている人すべてがトップスイマーと同じことをするのは難しいです。でも速く泳ぎたい気持ちはある!
私はエルゴメーターというマシーンで毎日筋トレをしています。水中のストロークと同じ動きが陸上でもでき、負荷が変えられ秒速が出ます。ただただ引いているだけではなく強弱をつけて引いて見ています。
①キャッチからフィニッシュまですべて全力で引く
②キャッチ後胸のあたりまできてからフィニッシュまでを全力で引く
①②どちらが速かったと思いますか?

②の方が速かったんです。
すべて全力でストロークするのがもちろんいいのですが、腕が疲れてしまうという方は特にストロークの後半に意識して力を入れてかいてみてください。

おすすめの記事