自由形(クロール)のローリング

私が小さい頃はストロークはS字しかなく、ローリングを使って大きく手を回しなさいと教えられていました。未だにその癖は抜けず・・・呼吸した時は特に方が落ちてしまいスピードが落ちてしまいます。
ローリングとは、体の中心に頭から一本の軸があるとイメージしてその軸を中心に体をひねりながら手を入れ替える動作の事を言います。そうすることでキャッチの時により遠くの水をつかめると言われていました。手を前に伸ばした時、肩が落ちないで水をキャッチししっかりハイエルボーを取れればいいのですが、呼吸の動作も入ってしまうとどうしても肩が沈んでしまいやすくなります。
入水した時に肩を少し内側に入れてみましょう。そうする事で肩が沈まずハイエルボーが確実に取れるようになります。そこからストロークをしてかき切った後、腕を回すときに肩甲骨を使って上へ前へ持ってくることでローリングを行いましょう。
水の中でローリングをして抵抗が生まれるより水の外でローリングを行うことでフラットな姿勢かキープできるようになります。

おすすめの記事