自由形(クロール)のストロークで注意すること

ストロークの最後で水をかききり、リカバリーで腕を戻すことになりますが、その際腕を水面へ出す時勢いでかきあげてしまう方がいます。腕の力だけで回してしまうことで体がぶれてしまいます。腕を上へ高く持っていこうとする動作は体が沈んでしまいフラットな姿勢を保てない原因にもなります。
最後までかききった手は伸ばしたままの状態ではなく肘軽く曲げ、肩甲骨を使って肘から水面に出すようにします。そのまま肩だけではなく肩甲骨を使って大きく腕を回していきます。水上でのローリングをしっかり使うことが大切です。
肩甲骨を使うことでフラットな姿勢で大きな泳ぎができるようになります。
腕がなかなかうまく回せない、すぐ疲れるという方は日頃から肩甲骨のストレッチや筋トレを意識して行ってみてください。

おすすめの記事