クロールの手の戻し方「リカバリー」

どの泳ぎでも共通していえる事ですが、水中では手の平で水をとらえてかくことで推進力が得られ進む事ができます。水中で手の平で水をかき、フィニッシュで太もも辺りまで水を持って行った後、手を前に戻す動作「リカバリー」を行う時に、水から手が出た瞬間に手の平をくるっと前向きに返す方がおられます。そうしてしまう方はだいたい肘が曲がってしまい上手く肩が使えずにリカバリーの動作がぎこちなくなってしまいます。
手をかき切ったらそのまま肩を使い大きく手を回します。手の平の向きはかききった状態のままです。その状態で回しても肩を使って回す事で前に戻って来た時にはちゃんと手の平が下向きの状態で戻ってきます。
文章で書くとわかりずらいですが、水の中で実践してみてください。泳ぎながらではなかなか肩の動きまで意識しにくいと思いますので歩くながら手だけを回して練習してみてください。
鏡の前で自分の手の動きがどうなっているのかを確認するのも重要な練習になります。
肩が回りにくいと感じる方は肩甲骨のストレッチを意識して行ってみてください。

おすすめの記事