背泳ぎの基本姿勢の練習方法

仰向けになって水の上に浮く。力を抜いて浮いているつもりでもなかなかうまく出来ない方がいらっしゃいます。
「腰を浮かせる」と言葉で表すと簡単ですが力が入ってしまうとどうしても沈んでしまいます。
なかなかうまく浮けない方はまずはビート板を胸の前で抱えて浮かんでみましょう。ビート板が浮き輪となりますのでしっかり浮くということが感じられると思います。
次に腰が沈んでしまう方は、腰のあたりにビート板を置きその上で背浮きをしてみてください。
腰が沈むことなく浮くという姿勢がわかると思います。姿勢が安定してきたらキックを打ってみましょう。綺麗な姿勢で浮けるとキックだけでもぐんぐん進んでいくのが感じられると思います。
仰向けで浮くという感覚をしっかり感じる練習になりますので一度試してみてください。 

おすすめの記事