形状抵抗について

まず最初にかかる抵抗として泳いでいく中で体の姿勢によっておこる抵抗です。
壁を蹴った時ストリームラインをとります。この姿勢を維持したまま泳げれば一番いいのですが手を動かしたりキックをしたりすることで抵抗が生まれてきます。
例を挙げると、呼吸をする時に顔を少しだけ横に向けて呼吸ができれば身体の傾きはありませんが、頭から大きく動かして呼吸をすると姿勢が崩れてしまいます。
またキックの時に足を大きく動かしすぎるたり膝を曲げすぎてしまうと太ももや膝に水が当たり抵抗になってしまいます。
こういった抵抗を少しでも減らして前へ進む推進力を上げる泳ぎができれば今より速く楽に泳いでいけるようになります。

おすすめの記事